作家鷺沢さんについて印象に残ったことをつらつらと


by hazakura23
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2004年も残りわずかとなりました。
なお、ここで付け足し。
1991年にドラマ化されたのは、作品、ショートストーリー(小説)『海の鳥・空の魚』の最後を飾った、『卒業』でした。
重ね重ね混乱したことを申し上げてすいません。
やはり記憶を辿ることを頼みにするとこういうことはよくありますね。

ということで、『海の魚・空の鳥』は、ショートストーリーの集まりです。
もちろん文庫にもなっています。(角川文庫から)
だから手軽ですよ。
そのあとがきに、鷺沢さんは、
「どんな人にも光を放つ一瞬がある。その一瞬のためだけに、そのあとの長い長い時間をただただ過ごしていくことができるような。一瞬一瞬の堆積こそが人の人生なのだと言われれば、それを否定することはやはりできないけれど、うず高く積まれゆく時間のひとコマひとコマ、その全てを最高のものに仕立てあげるのはとても難しい。難しいことだから、「うまくいった一瞬」が大切なものになるのではないだろうか。…」
とあります。
20代前半に綴られた作品のあとがきを読むと、私から見て、また遠い存在に戻ったような気がした。
しかし、時間の堆積っていうのは、今は判る。
毎日最高で最高で幸せで過ごせるはずがない。
何気ない日々の嫌なことも、退屈なことも、しょうむないこともあって、その向こうに新しい自分が、その瞬間を待っているわけではないけど、やはりそうであってほしいし、そういう瞬間が来たら、心の底から、身体一杯使って喜びを表現したいと、思うであろう。
それがキスかもしれない。

鷺沢さんが、高校時代に「文学界」新人賞を獲得したのは、以前にも更新しました。
そんな鷺沢さんの高校に是非行ったみたい、そう思いました。私の20代前半に。
一昨年でしたか、高校野球で夏の東東京大会を制し、見事初出場を果たし、初戦があのPL学園だった、都立雪谷高校、その学校です。
鷺沢さんがどんな風景を見て、風を感じ、どういった場所で過ごし、そのような作品が誕生したかを少しでも触れたくて、訪れてみたいと思いました。

誰しも原点になった場所があります。
前回更新した『素晴らしき仲間』の最後のシーンは多摩川を夕暮れにたたずむ鷺沢さんでした。
そして、エンディング曲は『Bule Sky』でした。
らしいね。。 
[PR]
# by hazakura23 | 2004-12-24 19:27